FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近ふと思ったのですがゴキゲン対策で▲76歩△34歩▲68玉っていう
指し方ありますよね?以下△54歩には▲22角成△同銀▲53角△42銀▲86角成という手順。
 しかし別の将棋で▲76歩△34歩▲56歩という出だしの将棋。この将棋は
以下△88角成▲同銀△57角という出だしになります。以下は▲68銀△24角成
▲48玉△33馬。最後の△33馬が手広く、それ以外の手、例えば△42銀など
だと▲66角と打たれて損と言われていたような気がします。
 そこで話を戻して冒頭に書き出したゴキゲン対策。この将棋は▲68玉と
あがっているために最後の手の後△44角と打てば▲77桂の一手で先後は
違えど損と言われている形。じゃあこの形は対策と言えるのか?
と少し思います。別にこの形をよく指されたりするわけではないので
あまり気にはしてないのですが一時期ふとそう思ったこともあったので。
別にその損と言われている形の振り飛車を持っても自信があるわけでも
ないのですが。実際のところはどうなんですかね。

ご協力よろしくお願いします。→人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2006/07/20 14:45】 | 将棋 研究編 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。