FC2ブログ
 3手目56歩を実践してみました。詳しい数はデータがなくなってしまったので
割愛しますが大体で書いていきます。まずは▲56歩以降の分岐について。

△44歩 
最初のころこればっかで激萎えしました。これなら悪くなることはありませんが思想が低い?と言ってもよいかもしれません、しかし咎めるのは不可能か。この実験では5局程ありましたので実戦では中飛車左を練習していました。

△84歩、△62銀  
これも上に同じな見なかったことにする指し方。これなら先手の得が消えることはないでしょう。 

△54歩  
一回だけ指されましたがこれはなかなかありそうか。馬を作るとお互い馬を作るので手損が残る。ゆえに実戦は▲48銀△52飛という進行になりました。▲58飛ならば△52飛という展開になったでしょう。

△88角成▲同飛△57角▲77桂△24角成▲66角△22銀▲65桂  
これも4回程ありましたがさすがに先手がかなりいいかと。実戦も全部勝ちましたね。

△88角成▲同飛△57角▲77桂△22銀
これが一番手堅い指し方。これはかなり対局数があり低い陣形での銀冠穴熊が1局、△35歩を突いての位取りが1局、普通の銀冠がたくさんでした。先手が悪くなったりはしないものの先手が勝つのはかなり大変です。個人的に位取りは得ではないですね。あと銀冠の桂馬は跳ねないほうがよいでしょう。

△88角成▲同飛△57角▲77桂△24角成▲66角△33桂  
この展開の先手勝率は実はかなり高いです。具体的には後手が△35の位を取ってくるのでそこを争点に駒を突進していくのがかなり有効。やはり作った馬が目標になる指し方は得ではないのでしょう。

△88角成▲同飛△57角▲77桂△35角成  
ここからの相振り飛車が一局。局数が少ないのでなんとも言えませんがこれもある作戦です。実戦は勝ちはしましたがおそらく作戦負けだったでしょう。

△88角成▲同飛△57角▲77桂△35角成  
同じですがここからの居飛車が二局。指した感じだと馬がどうしても歩越しになるので具体的な良さにつながらないなら△24の方が勝るでしょう。実際も二局とも勝ちました。

総括
1.後手も左の桂馬を跳ねると王様が固くならないということ。そこを争点にする指し方は有力なので早々に左桂馬を跳ねるのは得策ではないでしょう。

2.馬つきの囲いは並ではなく堅いということ。二枚換えとかで踏み込むとひどいことになることもあります。余程の陣形差とかがない限りは荒っぽくは捌けないということは頭に入れておきましょう。

3.居飛車は低い陣形で待つということ。佐藤先生も仰ってましたが争点がないと打開は相当大変、左に勢力は築けてもそこから苦労はかなりします。後手は待っていれば良い、捌いてくれば堅い、ということで低い陣形で固めて待つのは有力な作戦ですね。

まあこんなところです。この実験データは大体24で2200から2400くらいの人で試しました。このクラスならこの戦法はかなり通用しますので実はそこまでダメな戦法でもないかと。ただし馬つき穴熊はやめときましょう、あれは勝てません、見ていて堅くて嫌になります。

ご協力よろしくお願いします。→人気ブログランキング

スポンサーサイト




【2007/04/09 13:34】 | 将棋 研究編 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/29(Tue) 11:32 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/01/03(Sun) 11:48 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック