上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 しばらく放置してましたが優勝しました。珍しく気合を入れて前日研究していったのが
大きかったですね、想定局面に結構でくわしたので。やはり将棋は勉強しないとだめですね、
これからまた頑張ります。
ご協力よろしくお願い致します →人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2011/03/23 17:42】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
 負けますか―、ハッキリ作戦勝ちになった次の一手が緩手でいきなり勝ちにくい
展開になってさらに見落としがあってはい終了。先日の教訓はとりあえず囲いを
作るのはやめよう、将棋は穴熊でした。美濃やるたびに思うけどワンミスで
勝負所がなくなるっていうのはどうなの。


ご協力よろしくお願い致します →人気ブログランキング

【2011/01/16 22:53】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |

いつも拝見してます
のぶのぶ
はじめまして。
いつもこっそりと拝見しています!
これからも、更新楽しみにしていますね♪



コメントを閉じる▲
 鬼ブロックを引いてそれでさえ厳しいのに一回戦で相手が反則をしてきて
咎めようとしたが全国でそれもどうかと思って指したらそれがパスで即死。
これいつぞやもあったな、何も成長していない。久保先生も仰っていましたが
それで後悔するくらいなら言うべきですね、はぁ。精神的にもっと
タフになりたいですね。

【2010/11/13 11:34】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |

お疲れ様でした。
†JANUS†
残念ですね。
相手が禁じ手を指したなら、正々堂々と指摘するべきでしょう。
双方が同意の元、同じルールで戦っている以上、ルール違反をした方が失格になるのは当然の事でしょう。
そうでなければ折角決められているルールの意味が薄れて、勝負事のメリハリに鈍感になりそうで個人的には危惧してます。
生意気&長文失礼しましたm(__)m


さくらい
>†JANUS†さん
今回に関しては禁じ手ではなく道徳的な反則だったために言うのをためらったということですね。ただ後で後悔するくらいなら言うべきです。これは僕の精神的な甘さの問題です、昔同じ件で大先輩に叱責を受けたのを思い出します。

コメントを閉じる▲
申し遅れましたが代表を取りました、ということで11/13、14も東京に
行くことが決まりました。

 簡単に振り返ると一回戦は結構強い中学生。やや悪くなったか?
と思われる局面からは力の差がでてどんどん差が広がって勝ち。
 
 二回戦は地元強豪の方。右玉に研究手順で圧勝。

 三回戦は研究会のメンバー。あまり見せていない過去の得意戦法を
採用し相手の経験の少ない形に誘導。直後不慣れさからバランスを
書いた構想を披露し必勝形に。ひたすら粘られたものの逃げ切り。

 四回戦はすごい堅い王様を作られたが相手が全然生かせず一瞬で
寄り。

 でここから大会運営の不備により全勝が3人でて一人だけ得番が
あるというありえない抽選に。当然損番を引き決勝戦一回戦、
相手は去年決勝で負けた人。去年も良くなったが薄い王様で戦い
零したために今回は第2研究の穴熊を採用。研究通りに良くなり
角得から震えたが最後は綺麗に必死をかけて勝ち。

 続いて決勝戦二回戦。相手は今年の竜王代表。相手が研究に
ハマるのを避けたのか三間VS5筋位取りというレトロな戦型に。
そこから相手が穴熊に組もうと欲張ってきたために藤井システム
ばりのライン攻撃を敢行。相手が急所の局面で間違えて
良くなったがこちらも間違えて混戦に。最後叩き合いで僕が駒を
落として盤面が乱れて戻し間違えたのを気付いて(指摘されたら
反則負けだと思うがアマ名人の決勝も通ってたしプロの試合でも
通ってたので実際はどうなのだろう?)青ざめたが相手が指摘せず
そのまま勝ち。まあ切れ負けではたまにあることです。

ということで優勝することができました。全国大会もとりあえず
二日目に残ることを目指したいと思います。


【2010/10/24 17:35】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |


nekomata
おめでとうございます。
最後まで切れ負けとは厳しいですね。
全国大会頑張ってください。


ぶり
ときどき来て読ませてもらってます。

研究のレパートリーが広いんですね。

おめでとうございます。


おめでとうございます!
†JANUS†
対局ありがとうございましたm(__)m
おこがましいかも知れませんが次は勝てるように頑張りますm(__)m


さくらい
皆様返信が遅くなりまして申し訳ございません。

>nekomataさん
考えるのが面倒なので僕は切れ負けでOKですw

>ぶりさん
ありがとうございます。狙い撃ちを避けるためにいくつかのポケットはもっています。

>†JANUS†さん
大会で当たった方でしょうか。次までには僕ももっと成長しておきます。

コメントを閉じる▲
 支部名人戦に参加してきましたが僕は8でいのてつに負け。対局中にかなり有力な順を
読んだもののなぜか頭の中で相手の形を一手勘違いしていて見送ったのが敗着。
それ以降勝負所は回ってこず思いっきり暴れてみたもののあっさり切れて負け。
そのいのてつも決勝で横山君にフルボッコにされてました、なえー。
 
 団体は大西・西村・堀田の三人で参加したが今年は結構危うかった。去年と比べても
遜色ないと思うんだが結構接戦でなんとか優勝。西日本大会は今年こそは優勝してほしい
ですね。

ご協力よろしくお願い致します →人気ブログランキング

【2010/01/23 17:33】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |
 今年もF1に3チーム参加してきました。メンバーは

A:北口、いのてつ、平野、山口、山田(祥)、櫻井 僕おまけ

B:西川、ナメ、川西、瀬戸、西村、横藤

Jr:麻生、下西、本川、堀田、袴田

の構成。今回は前回よりもBが手厚くなった印象、Jrチームはそろそろ
予選通過を狙いたいところ。連絡不行届によりBが6人になったのは
僕のミスです、申し訳ない。今回僕は観戦に回っていたので各チームの
戦いぶりを僕の視点で振り返ってみます。

予選
A:一回戦で切れ負けに気がつかない人がいたもののそこまで危ないこともなく
 予選通過。まあこれは普通。

B:一回戦でいきなり星を取りこぼし二回戦は3-2.最後の女流プロチームとの
 直対で4-1でないと予選通過は厳しい状況。危なそうな人が3人くらいいたが
 そのうち二人は耐えて4-1で通過。

Jr:いきなり優勝候補の一翼とあたるが3-2と善戦。次に子供チームとあたり
 あっという間に3つ形勢が悪くなるが詰みを逃してもらったり時間を切らしたり
 して4-1。予選通過を懸けて明石Jrとの最終戦もかなり危ない内容だったが
 3-2で耐え。

ということで何とか全チーム予選通過できました。子供たちの予選通過は
嬉しいところ、成長が見て取れるのは素晴らしいことですね。
全部書いたら長くなりそうなんで本戦は次の記事に書きたいと思います。

【2009/11/25 08:41】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |
 意味なく負けてきました。今回はなんといっても過密日程によるモチベーションの
低下が原因。その週に限って仕事がかなり忙しく、さらに普段あまり聴かない
音楽に目覚めるとかあまりにも将棋をやらなさすぎました。なので昨日負けた
時点ではしょうがないと思っていましたが終わってみるとまた一年がすぎてしまった
わけで後悔しきりです。来週のアマ王将はせめて準備だけでもしっかりして
行きたいと思います。

ご協力よろしくお願い致します →人気ブログランキング

【2009/11/02 08:25】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
 5度目の決勝でしたがまたもや準優勝、弱すぎです。局面は捩り合いの末
良くなったのですが直後に相手の持ち駒を勘違いするという読み違いをおこし
そのあとも残ってましたが今の僕には指せない手順でした。最近思うのですが
僕の弱いのもありますが相手の力を引き出す展開が増えてきたような。
次に目指すは棋力の向上はもちろんレベルダウン攻撃かもしれません。

ご協力よろしくお願い致します →人気ブログランキング

【2009/10/22 08:26】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |
 今年も2チーム参加してきましたが研修会と学生大会がかぶっているので
人数集めに苦労しました。メンバーは順不同で

A:櫻井 小野 西村 北口 西川

B:大西 袴田 麻生 堀田 佐野

でした。予選はAは無難に抜けましたがBがなんと予選落ち。
優勝候補の東山Aと同志社Bに当たったのがなんとも不運。
例年なら決勝に行ってもおかしくないチームだけに残念すぎました。

Aチームは本戦一回戦シードで二回戦は5-0。
準決勝で優勝候補の紫明S(佐伯、辻ノ内、吉田、田中、満生)と。
カギと見ていた副将戦が始まってすぐに圧敗になり4も苦しめ。
僕のところは見た目だいぶ良さそうな展開でしたが意外に大変。
最後時間切迫で負けにしましたが頓死をくらわして勝ち。
ここが勝ってチームが1-4-5勝ちの3-2。

決勝は東山A(吉村、鰐淵、近村、本川、下司)と。
僕が落とすとチームが一気に苦しくなるので大将戦がカギ。
なのでエースを投入して慎重に決めて勝ち。
チームは1-4-5勝ちの3-2。

ということで優勝することができました。やはり団体戦は面白みが
あっていいですね。11月の団体戦も参加予定ですので
これから声をかけていきます。でてやってもいいという方は
また教えてください。

ご協力よろしくお願い致します →人気ブログランキング

【2009/10/15 08:28】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |
 今回は櫻井・えび・山口・本川の四人で行ってきました。会場に到着すると
知直くんを発見。どうも東京予選に負けたのでなりゆきでこっちにきた模様。
彼と僕はこれで3週連続、8月から顔を合わすのが四回目です。
二人ともバイタリティに溢れすぎです、妙な親近感が湧きました。

 試合はというと0回戦で知直―山口戦が実現、ここで知直くんが勝ち。
僕は一回戦で普通に負けorz。勝ちの局面からものすごい一手バッタリで
即死。えびはベスト4で知直くんに負け、本川君は2回戦負け。
ということで優勝は知直くんでした。
 決勝の将棋をずっと観戦していたのですが内容がものすごすぎました。
おそらく1:9くらい差が開いていたと思われますが勝負手連発(実際には
完切れ)でなぜか逆転。彼からは諦めないで最後まで指す大切さを学びました。
僕は二年ほど前から彼のいいところを取り入れようと真似をしていたのですが
彼のようにはなれないと思い知らされます。(良い意味でも悪い意味でも)
とりあえず決勝の将棋は手順を覚えているのでそのうち載せるかもしれません。
内容はともかく勝負の恐ろしさが詰まっていると思います。

ご協力よろしくお願い致します →人気ブログランキング

【2009/10/04 08:23】 | 将棋 大会編 トラックバック(0) |


ケンジ
見させていただきました。
応援ポチッ!!

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。